プロフィール

鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ)

株式会社クラリティマインド代表取締役 エグゼクティブコーチ・組織開発コンサルタント

商社にて経営層と組織のパイプ役として社長秘書を兼務しながら管理職として経理・経営企画・中国ビジネス推進室に従事。

入社初年度から予算・決算・税務を任され全社経理研修を行い、予算システム、BSC(バランススコアカード)による組織業績管理制度を構築・導入する。その過程で、感情や内面的な捉え方が行動や成果に影響する大きさに気づき、マインド(特に本人がまだ自覚していない内面の意識の開発)に焦点をあてた人と組織の変革に興味を持つ。

会社員時代からコーチング、カウンセリング、NLP、現代催眠等を通して、「自分では気づいていない意識レベルの発現」へのアプローチを学び、実務に活かしながら実験を繰り返す。

在職中の2002年より作家で投資家、中国政府の経済顧問の邱永漢さんの「投資考察団」に参加し、中国各地の企業・政府・暮らしを視察。これにより世界観が変わり、個人や組織と海外や世界の状況とのバランスに意識が広がる。

現在、人と組織の潜在力の発揮が個と社会・世界全体の輝きにつながると考え、一部上場企業、中堅企業、オーナー企業、外資系企業に対してエグゼクティブコーチング、リーダーシップ開発・自立型人材開発、組織力の開発、共通認識の醸成、多文化理解、ビジョンの実現、地球環境・温暖化に関するのプログラム提供とコンサルティングに携わる。
2010年より中国に進出した日系企業の現地化・グローバル化に向けた組織力の醸成、経営者・幹部の一体化運営、意識力開発等の組織開発を上海・他エリアで手がける。
上海ビジネス情報誌BIZpressoに「気づく力~マインドマネジメント論~」を60回にわたり連載。

2016年、アメリカニューメキシコで初のアウトドア体験となる1週間のソロキャンプ、南米エクアドルの先住民を訪ね(アンデス山脈・アマゾン)、所有の概念、豊かさ、ビジョンを生きることについて、大きな刺激を受ける。
その旅のDVDブックレット「アチュアルの夢~アマゾンから現代社会へのメッセージ」(MOTHER SPIRIT.org 製作)がある。

2017年に自然の摂理を生かしたリーダーシップをスペインにて学び「つながりの中で自分を生きる」「ビジョンを実現する」「共創」をテーマに現代社会に生きるリーダーに向けて提供している。

2017年7月よりオンラインクリアリング「今に気づく、自分に気づく」を開始。

2018年7月に「最高のリーダーほど教えない-部下が自ら成長する『気づき』のマネジメント」をかんき出版より上梓。

2019年5月より日経xwomanプロジェクト アンバサダー

ページ上部へ戻る