地球温暖化をひっくりかえす解決策100【ドローダウン】出版・普及への取り組み

地球温暖化逆転”DrawDown(ドローダウン)”とSDGs、そして私たちの暮らし

地球温暖化逆転”DrawDown(ドローダウン)”とSDGs、そして私たちの暮らし

 

まずはこちらの動画をご覧ください。
facebookライブ「真」チャンネルに出演させていただいた時の映像です。(13分07秒からに調整済)

 

あの「ティール組織」の著者フレデリック・ラルーさんからもメッセージをいただいています。

近年、夏の記録的な猛暑や豪雨などの異常気象温暖化など、「この先、地球や私たちの暮らしはこのままだとどうなっていくのだろう?」と感じる機会が増えてきたのではないでしょうか?

地球温暖化は、環境破壊や生態系の変化、さらには「これまでに経験したことがない大雨」と連呼するのが当たり前となりつつある今、身近に迫る気候変動による危機や新型ウイルスの増殖までも引き起こし、もはや誰かの助けを待つだけでは解決が間に合わない「待ったなし」の状況です。

 

国連の持続可能な開発目標(SDGs)に対する取り組みへの関心が国内でも高まり、雑誌での特集、企業・団体・市民レベルでの動きが活発になってきている中、特定の企業や団体、コミュニティ、個人等、積極的に取り組む人が徐々に現れているものの、多くの場合、まだ自分の暮らしや人生・仕事とこの現象とを結びつけができないのではないでしょうか。

 

事実、大手企業から「会社事業をSDGsのどこに該当するか、仕分けしているが、作業になっていて、組織内で意義やモチベーションが湧いていない」他企業からも、「会社としては積極的に取り組みを始めているが、従業員一人一人の意識はまだ育っていない」といった声を耳にします。

 

個人の暮らしにおいても、「実際に何をすればよいかわからない」、「そうはいっても便利なのが一番」と、温暖化が起きている構造と自分たちの日々の選択の関係性を知る機会がないことから、温暖化の傍観者とならざるを得ない状況があります。

この状況を皆さんと一緒に変えていきたいのです。

こういう課題に取り組んでいこうと思うと、「自分たちが不自由になる」、「我慢しなければならない」と制限的な印象を持つ場合がありますが、実はそうではありません。

書籍「ドローダウン」では、ポール・ホーケン氏が創設したNGOプロジェクトドローダウン(世界中から集められた有資格で多様な研究者のグループ)が、IPCC( 気候変動に関する政府間パネル)等、すでに存在している温暖化対策について調査し、科学的なデータに基づく厳密なプロセスを通じて、地球温暖化に対する100の最も実質的な解決策をマッピングし、測定し、モデル化したものです。それにより30年以内に状況を変えることができるというこれまでにない道すじを示しています。

※ドローダウンとは、「大気中の温室効果ガスの濃度が年々減少し始める時点」を指します。

温室効果ガスを削減するランキング、上位20位のうち8つが食に関するものです。6位が女子教育、7位が家族計画です。この2つを足すと、1位の有害な冷媒(冷却材)のマネジメントを抜き、1位になります。さらに、ランキングの取り組みにより、どれくらいのコストセーブになるのかを示しています。それによると、実は我々にコストを強いるものではなく、やさしいものなのです。

この取り組みに有効な活動を知ると、私たちの生き方を今以上に豊かにしてくれるものだということが、徐々に理解できるようになり、きっとこれまでのとらえ方と生き方が大きく転換していくことでしょう。

 

皆さんとドローダウンを自ら活用し、未来を築いていくために、書籍の日本語化・普及ワークショップの提供のプロジェクトを立ち上げています。

書籍の日本語化と普及への取り組みは現在、クラウドファンディングを行っています。

https://readyfor.jp/projects/drawdown

 

書籍「ドローダウン」は、一見大きすぎて手に負えないと思う地球温暖化という現象が、私たちの毎日の暮らし方と密接に関係していると気づき、ひとり一人が自分と、世界とのつながりを取り戻すための本でもあります。

企業で働く人や個々人が自分に合った解決策を見つけ、実際に行動に移し、輪を広げムーブメントを起こしていくのにとても有効です。

そして、企業が本気で取り組んでいくために、一人ひとりの主体的な活動への意識づくりによって、これまでとは異なる倫理観とビジネス観を育てていくのをサポートしています。

また、個々人がどのように取り組んでいくのかを自分で考え、広がりをつくるためのワークショップを開催しています。

そのひとつが、ドローダウンイニシアチブです。
あなたが心に響くものがきっと見つかることでしょう。
このプログラムでは、どんなことが起きているのか、どう考えていくのかについて自分自身を整理し、あなたの心に響くものや、生き方や仕事や暮らしに関係するものを探求して人生にいかしていきます。

ドローダウンイニシアチブには、ドローダウンの概要を理解する「紹介ワークショップ」実際に具体的な解決策に取り組んでいくコミュニティや組織向けの「実践編(全5回)」の2種類があります。
このうち紹介ワークショップについて、一般向けに気軽にどこからでも参加いただけるようオンライン開催を中心(対面でも実施)に行っています。

企業・コミュニティ・学校・地方自治体向けの提供も行っています。組織導入をご検討の方も、まずは一般向けの紹介ワークショップをご体験ください。

 

まだ日本語に翻訳されていない”DrawDown(ドローダウン)”の内容を知ることができる貴重なワークショップ

地球温暖化に対する最も現実的で効果的な100の解決策について、明確化し、評価し、モデル化したプロジェクトドローダウン

「地球温暖化に対して何が可能なのか」に対する私たちの理解をシフトしていくのがドローダウンインテンシブです。(Developed by Pachamama Aliance)現在、ドローダウンインテンシブは紹介編と実践編の2種類があります。

ドローダウンイニシアチブは紹介編と実践編があります

<紹介編 イントロダクション(紹介)ワークショップ>

所要時間: 約2.5~3時間
対象: どなたでも(日本語の字幕動画が見れる人)
内容:
・地球温暖化の逆転の可能性について私たちはどこにいるのか?
・ドローダウンとは何か?内容を見てみる
・ドローダウン実現に向けて大事にしている考え方
・次の一歩を見つける

 

<実践編 Getting into Action>

所要時間: 約2.5時間×5回
対象: 特定のコミュニティ、法人、集団向け
※ 各ワークショップの間に実際に探求してくる課題があります。
主な内容:
ドローダウンを実行に移す
地球温暖化をどのように逆転させることが可能か
・参加者とコミュニティが活動をどのように加速拡大することができるか基本的な理解
・一つ以上の具体的な解決策に取り組む
・取り組みを通じて新たなスタンスを持ちより大きなネットワークを得る
・この取り組みが人生を通じたものになる

 

地球温暖化を逆転する100の方策”DrawDown(ドローダウン)” 紹介オンラインワークショップ

*)プロジェクトドローダウン概要
・地球温暖化対策の100の方策をリスト化し、2020年~2050年の30年間でどれくらいの効果を上げられるか見極めることを目的としている。
・100の方策(温室ガスの放出を抑える方策、および吸収する方策)について、70名の研究者が22ヶ国から参加し、データ収集、研究、シミュレーションを実施。
・さらに、その結果を120名のアドバイザーが再評価し、確認した。
・3つのシナリオでシミュレーションを実施。

(参考)https://www.drawdown.org/ 英語サイト
(まだ日本語のサイトはありません)

 

 

 

紹介編 イントロダクション(紹介)ワークショップ詳細

日時:次回開催が決まりましたら掲載します。
※4/24に開催されるグローバル気候マーチのアクションとして、
 地球温暖化を逆転させる100の方策、「プロジェクト・ドローダウン」の概要をご紹介するワークショップを、オンラインで行いました。
当日の報告はこちらからご覧いただけます。

開催形式

ZOOM(オンライン)を使ったオンラインワークショップ
当ワークショップは、オンライン会議システムのZOOM(ズーム)を使います。
PCやタブレット、スマホとWi-fiが繋がれば、どこからでも簡単に参加できます。
(接続先はお支払い確認後連絡します)
ZOOMを使った、地球温暖化を逆転する100の方策”DrawDown(ドローダウン)” 紹介ワークショップby鮎川詢裕子

内容

プロジェクト・ドローダウン「地球温暖化を逆転する100の方策」の概要を紹介
・ドローダウンとは何か?
・地球温暖化の逆転の可能性について私たちはどこにいるのか?
・ドローダウン実現に向けて大事にしている考え方
・次の一歩を見つける

 

ファシリテーター

鮎川詢裕子他
プロフィールはこちらから

 

ドローダウン紹介ワークショップについて事前確認事項

お手続のご案内

お申し込みは、このページに設置している「お申し込みフォーム」から受け付けております。お申し込みと同時に登録アドレス宛にお申込み受付と手続きに関するメールをお送りします。

メールには、ご予約内容、受講料のお振込み先、お振込み期日、キャンセル規定等が明記されておりますので、セミナー終了時まで大切に保管ください。数時間経過しても届かない場合は、メールアドレスが違っている場合がございますので、こちら からお問い合わせください。

お申込みは受講料のお振込みを持ちまして【お手続完了】とさせていただいております。

開催日前のご案内

開催日前になりましたら、改めて当日のご案内をいたします。ご不明な点があればお気軽にお問い合わせくださいませ。

キャンセル規定

ご入金後の返金・振替は行っておりません。
予めご了承のほどお願い申し上げます。

また他のセミナーへのお振り替え等は承っておりません。
予めご了承ください。

 

ドローダウンインテンシブ参加者のご感想

紹介ワークショップ ご感想

地球温暖化の流れを逆転するために、信条ではなく科学的なアプローチで定量的に施策を定量評価しているところがよい

☆今までのこういった活動についての思い込み(頑張り感みたいなもの)が外れたこと。自分がやりたいこと、興味の範囲、無理しないことでも貢献できるかもしれないという視点の多さ。これをビジネスの視点で取り入れたとしたら、、というワクワク感など。

☆ドローダウンが行動レベルでレベル3のインパクトがある点、草の根やトップダウンと違った視点をもらえました。

☆温暖化の被害者ではなく、これをどうとらえるかで自分の生き方/見方も変わってくる。温暖化=ギフトというメッセージがパワフルでした。

3位にフードロスが入っていた。すぐできることが上位に入っていた。自分でやっていることってすごく小さいと思っていたけど案外上位でお!って思った。がっかりせずに続けようと思った。

温暖化のことを考えるきっかけになりました。参加者の方の意見を聞けるのが面白かったです。

小さな努力でも世界に大きな変化を持ってくれる

とても壮大、かつ身近なものでもある。

女性が社会的に自立することが、地球環境に影響するという、話がパワフルだと感じました。

希望にあふれる。子供が「ちきゅうおんだんかはなおせる」と一言だけ書いていたのがうれしかった。

科学的かつ誠実で、思想が入り込んでないのがとても良いと思いました。広く広げていくパワーを感じました。

 

実践編 ご感想

☆今日は「地球温暖化を逆転する100の方策ドローダウン」のワークショップに参加してきました。めちゃパワフルで楽しかった。
ドローダウンの100項目は(温室ガスの放出を抑える方策、および吸収する方策)、米国のポール・ホーケンという環境活動家の呼びかけで70名の研究者が22ヶ国から参加し、データ収集、研究、シミュレーションを実施。さらに、その結果を120名のアドバイザーが再評価し、確認したものです。
この研究成果は2017年に書籍で販売されベストセラーとなりました。
もう待ったなし!の気候異常を止めるために温暖化を逆転させる具体策が分かったところで動き出したのが「ドローダウンプロジェクト」。
この壮大なチャレンジに世界中の人々が関心を寄せ活動が始まっています。(日本ではまだ殆ど知られていないところがマジでヤバイ(~_~;)
そんな中、朗報です。日本でも今夜、文京区で新たなドローダウンチームが誕生し活動がスタートしました‼️
私もそのチームの一員です。
興味を持った方は、ドローダウンとは?を読んでみて下さい‼️
そして一緒に行動を始めましょう。私は私の関心のある解決策に取り組みます。
あなたはどの解決策に取り組みますか? ポール・ホーケン氏はチームで取り組むことの重要性も伝えてくれています。ぜひチームを作って推進することをお勧めします。

☆ものすごーい!パワー充電しました!
『地球温暖化を逆転させる100の方策ドローダウンワークショップ解決策を実行に移す』というワークショップの初日でした!とーーーっても楽しみ楽しかった!
そもそもドローダウンとは、大気中の温暖化ガス濃度がピークに達し、年ごとのその量が減り出す、その時のこと。
私がこのワークショップに参加した理由はシンプルで、いつもと変わらず、まだ先も地球で快適に楽しく遊びたいから!来世も地球を満喫したいから!
それ以外に理由はありません!
もう間も無く地球温暖化が原因でこの地球での健やかな生活がままらなくなる、瀬戸際。すぐに生活に支障をきたす状況ではなくても、今やらなきゃまずいそんな時に向かっている、そんなすごい瞬間に私達は立ってます!
何がすごいって、何と!ありがたいことに、この問題の解決のためには、世界中の人が手を取り合う事がすごーく重要なのです。これって地球がくれたものすごくチャンスな気がしてなりません。

 

『地球温暖化を逆転する100の方策”DrawDown(ドローダウン)” 紹介オンラインワークショップ』関連の鮎川詢裕子メッセージ

当セミナーに関連した鮎川詢裕子メッセージ記事はこちらからお読みいただけます。

これまでの自分に別れを告げる

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

表情が変わり、また参加したくなる対話会

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

来月の出版に向けて

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

日本の風物詩は私たちの手にかかっている

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

人の表情が変わる瞬間

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

自分の手で土に還す

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

企業や地域に向けてドローダウンの取組み

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

サステナビリティとリーダーシップ

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

知的財産を世界に無償開放した理念経営

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ ...
続きを読む

セミナーについてお気軽にお問い合わせください。
↓ ↓

次回の開催はまだ確定しておりません。
確定次第、こちらのブログやHPに掲載してまいります。
もし、事前の案内をご希望の場合はメールマガジンでご案内しますので、ご登録ください。
↓ ↓

ページ上部へ戻る
PAGE TOP