オンラインクリアリングスペース「今に気づく、自分に気づく」

毎朝20分、オンラインで自分をクリアにする時間を

「いかに人が真にその人らしい人生を生きるのか?」

私たちはそう実感して生きている時間が果たしてどれくらいあるでしょうか?
夢やビジョン、アウトカムを設定して、実際にどれくらいそれを行えているでしょうか?

日々やる必要があること、やらなければいけないこと、人間関係、これまでの思考習慣の中で「私の心がそう言っている」「これが私の実現したいことだ」と感じていたとしても、もしかしたら誰かの意見に影響を受けていて自分の想いと違っていたり何かにとらわれている小さな自分だったりすることもあります。

現代社会と隔絶した世界を旅したことで感じた「今この瞬間」

南米エクアドルへの旅 アンデスとアマゾンの先住民を訪ねてby鮎川詢裕子

数年前、現代社会と隔絶した世界を旅した時に「surrenderサレンダー(≒委ねる)」という言葉を何度も何度も問いかけられるかのように耳にしました。
「『自分がやりたいからやる』ということを現代社会に住む人たちはよく言う。でも本当にそれでいいのか?」
「自分の固定観念や思考を手放すのだ」と。
最初は戸惑いを覚えながらも、実際に彼らが大事にしている価値観に触れ、議論を重ねて理解が深まっていくにつれ、徐々にその意味が腑に落ち始め、いかに自分(自分たち)中心に生きているのか、過去に形成してきた固定概念の枠の中で生きていて、「今この瞬間」から遠いところにいるのかを思い知っていきました。

アマゾンの森の中では、雨が降り風が吹く度に樹木が倒れ、ぬかるんだ地面に水たまりが出来、一度はまり込むと足がなかなかぬけません。昨日通った道を同じように通れるわけではありませんでした。変化する状況を受け入れて対応していくことが求められます。
次の滞在先までボートで4時間移動するという日は、出発してほどなく大雨になりました。雨に打たれ、ボートに溜まった水を長靴を脱いで外に汲み出したり、トイレのために川を警備していたエクアドル軍の宿舎に入れた時の安心感。エンジンが予備のものまで故障し、真っ暗な中でなすすべもない状態になり、その時に迎えに来てくれた宿の船の曳航がなければ、8時間で済みはしなかったでしょう。
まさに先の読めない瞬間瞬間を体験するしかない環境の中に身を置く機会となりました。
周りの環境が整わなければ、自然や取り巻く目の前の状況と一体となり、この先のコントロールを手放し、今この瞬間にできるおとに没頭することによって、次が現れてくる連続でした。
これは、現代社会から離れている所だから起きることなのでしょうか?
想定外に対する対応。当たり前だと思っていたことがそうではなかった。実は、これは日常の私たちの暮らしや人生においても言えることではないでしょうか。

<関連記事>
つながりを感じながら自分を生きる/リライズ・ニュース 2020年1月27日公開

観念や思い込みから離れる時間を作って、まっさらの本来の自分を生きる

最初はまっさらな心で生まれてきた私たちは、徐々にビリーフ(観念・思い込み)を心に沢山持つようになっていきます。ビリーフが出来た瞬間はその人にとって役に立っていたのかもしれませんが、ずっと役に立ち続けるわけではありません。

環境ばかりでなく私たちも常に変化を続けています。

「全てのものごとは変化している」からこそ、自分の心の中に存在している「こうでなければならない」「当然こうあるべきだ」という固定観念・ビリーフから自由になる――つまり、まっさらの本来の自分を生きるには、自分の思考から離れ、リセットする時間を定期的に持つことが大事になってきます。

そのためには、禅や瞑想、マインドフルネスをはじめ、食事を味わう、ジョギング、ダンス、自然を五感で感じる等々によって、思考から離れ、今その瞬間の感覚をあるがままを自覚する習慣をもつことが糸口となってくると言われています。

10年程まえに瞑想を学び始めた時、最初は瞑想する時間を無駄に考えていました。別のことが沢山浮かんでくるし、瞑想をする時間があるなら、他のことをやったほうがよほど効率的なのではないか、と疑っていたのです。
しかしながら、続けている時とそうでない時とでは、感覚が違うことが徐々にわかるようになってきました。

当時は、今ほど「瞑想」はポピュラーではなく、人話すことはあまりありませんでした。私自身も続けられる時とそうでもない時がありました。1人で続けるには意思が必要と感じていたからです。

最近になって、マインドフルネスに始まり、徐々に一般的なものになりつつあるように思います。
これまでなかなか一人では続けるのが難しかった習慣をより簡単に続けられるチャンスが当サービス『オンラインクリアリング「今に気づく、自分に気づく」』にあります。
あなたが本当は手に入れたかった生活や生き方を実現していくために本来の自分に立ち返るための習慣を後押しします。

詳細は、近日公開いたします。
今しばらくお待ちください。

『オンラインクリアリングスペース「今に気づく、自分に気づく」』関連の鮎川詢裕子メッセージ

オンラインクリアリングスペースに関連した鮎川詢裕子メッセージ記事は、こちらからお読みいただけます。

リライズ・ニュースにインタビュー記事掲載のお知らせ

鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ)のインタビ ...
続きを読む
迎春 富士山

2020年 新年のご挨拶

迎春 新たな年が明けました。 あなたはど ...
続きを読む

いつものパターンから抜け出すには?

特定の部下や上司との会話で行き詰まりを感 ...
続きを読む

仕事で成功のきっかけをつかむには

身近だったはずの人が いつの間にかどんど ...
続きを読む
花開く前のつぼみ

失敗を恐れて動けない時に

何かを始めようとすると動けなくなることが ...
続きを読む

本当は何をやりたいのかわからない時の見つけ方

前回、目標達成のための目標設定のコツで「 ...
続きを読む

目標達成のための目標設定のコツ

目標の立て方によって結果が変わる 年が明 ...
続きを読む

何が「気づき」の正体か?

こんにちは。鮎川詢裕子です。 今日は「気 ...
続きを読む

仕事を一人で抱え込み過ぎていませんか?

「できるから」、「他の人に任せきれないか ...
続きを読む

『オンラインクリアリング「今に気づく、自分に気づく」』についてお気軽にお問い合わせください。
 ↓ ↓

鮎川詢裕子の活動案内をご希望の場合はメールマガジンをご登録ください。
↓ ↓

関連活動

  1. 【募集:2020/2/23】実践!相手が自ら気づき自発性を高めるフィードバックのコツ 1Dayセミナー

    日常業務の確認や面談、1on1ミーティング等でフィードバックをどのように行っていますか?フィードバックはあなたが相手にどうかかわるのかによって、相手の気づきやその後の行動に違いをもたらします。相手の考える力を伸ばし、これまでの思考の枠を超えていくためのフィードバックについて学び実験するワークショップです。

  2. 【募集:2020/3/16】地球温暖化を逆転する100の方策”DrawDown(ドローダウン)” 紹介オンラインワークショップ

    地球温暖化に対する最も現実的で効果的な100の解決策について、明確化・評価・モデル化したプロジェクトドローダウン。初めてCO2の削減量のランキングを数値で表しました。 当ワークショップは、まだ日本語に翻訳されていない”DrawDown(ドローダウン)”の内容を知ることができる貴重なプログラムです。オンライン版はPCやタブレット、スマホでどこからでも簡単に参加できます。

ページ上部へ戻る