プロフィール


鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ)

サステナブル経営推進プロデューサー
ドローダウン・ジャパン・コンソーシアム共同代表
日経xwomanプロジェクト アンバサダー
株式会社 クラリティマインド代表

 

一部上場企業、外資系企業をはじめ、日本だけでなく、中国でも様々な企業に対して、内面変革型の組織開発プログラムを提供。これまで100社以上、7000人をサポート支援。

その他、数多くの一部上場企業、業界No.1企業の経営幹部に対してコーチング支援も行なっている。

商社時代に経営層と組織のパイプ役として、
社長秘書を兼務しながら、
管理職として経理・経営企画・
中国ビジネス推進室に従事したことから

経営者、幹部、社員、それぞれの立場を理解し、
共通認識やお互いを知ることに焦点をあてた
研修は「気づきがすごい」「メンバーが自立し、一体感が出てきた」「組織の意識が変わった」という圧倒的評価を得る。

作家で投資家、中国政府の経済顧問の邱永漢氏の「投資考察団」に参加。中国各地の企業・政府・国民の生活の視察により世界観が変わり、個人や組織と海外や世界の状況とのバランスに意識が広がる。

世界的ベストセラー作家であるポール・ホーケン氏主編の翻訳本「ドローダウン・地球温暖化を逆転させる100の方法」を日本に広め、SDGs・CSVに直結するサステナビリティ経営推進、組織連携力強化、その変革をけん引するリーダー輩出を統合したプログラム提供を行なっている。

【メディア実績】
・「最高のリーダーほど教えない-部下が自ら成長する『気づき』のマネジメント」(かんき出版)
・上海ビジネス情報誌BIZpresso
「気づく力~マインドマネジメント論~」60回にわたり連載
・「ドローダウン 地球温暖化を逆転させる100の方法」(山と渓谷社)
アチュアルの夢~アマゾンから現代社会へのメッセージ」(2017年MOTHER SPIRIT.org 製作)

ページ上部へ戻る PAGE TOP