鮎川詢裕子メッセージ

自分を偽らないでいい。本当の自分を生きる

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ)です。

人と組織の能力開発と温暖化を逆転(ドローダウン)に向けた事業支援、
コンサルティングを行っています。
コンサルティングといっても、教えない自ら気づくコンサルティングです。

今日は早朝から永田町へ。
議員会館や衆参議員議長公邸の前を通り、
清々しい朝から始まりました。
朝日が差し込み気持ちのいい朝でした。

空が青くて空気が澄んでいると、
太陽の光が身体にも心にも届いてきます。

それは、私たちも同じで
自分自身が澄み渡っていると
ありのままの自分として存在し、
その人の輝きが放たれていきます。

その時は、「これが私である」と、
あなたの源とつながり、そこからエネルギーが
湧いている状態ともいえるのではないでしょうか。

 

その自分を生きている
という感覚をどれくらい持てていますか?

 

つい、人に受け入れてもらうために
人に合わせて、自分を後回しにしたり、

誰かとの比較やプライドを守ったり、優位であるために
尊大になったり、やりすぎちゃったり、

なんていうことがあったりするかもしれません。

それが自分の人生のパターンとして
繰り返されていることも珍しくありません。

自分を出せていない。
自分を生きていない。

それは、経営者やリーダーであったとしても同じです。
自分が本当に思っていること、
心に湧いていること
心に響いていることに
ありのままでいられる環境や
胸の内を語れるスペースは
むしろ少ないと言えるでしょう。

自分をありのまま表現する。

人に心配をかけないために、自分で飲み込む
その生き様が自分の生き方だ

とまで、腑に落ちて生きるのもすべてはあなたの選択です。

 

原告弁護士が弁論で自分自身について語ったというニュース

Yahoo!ニュース
同性婚訴訟、原告弁護士が弁論で「個人的な話をします」(朝日新聞デジタル) - Ya...
https://news.yahoo.co.jp/articles/088fdfde10bf8b56629c00ed29a458d6e3b1c64c
 同性同士の結婚ができないのは憲法に違反するとして、北海道内の同性カップル3組が国に1人100万円の損害賠償を求めた訴訟が28日、札幌地裁(武部知子裁判長)で結審した。判決は来年3月17日に言い渡さ

社会に受け入れられない恐れから
自分を偽りながら生き続ける悩み

弁論の場で自分自身を表現することに
どれだけの勇気が要ったことでしょう。

それでも、誰もが本当の自分を生きる尊厳を
誰もが持てることの大切さ
その人が心の底から語っているの伝わってきます。

「この裁判は、誰もが自分らしく生きることを国から保障されるという意味で、
全ての人の尊厳に関わる。
裁判所には、ひるむことなく、堂々とした違憲判決を下されることを望みます」
と話されたそうです。

何より自分を偽らなくていいのだと
自分で自分に許可をする

このことが大きな変化をもたらします。

人には自分らしくいられなくなったきっかけ
が存在します。

そのきっかけを敢えて見ていくことによって
パラダイムが変わっていきます。

誰もが本当のあなたでいられますように。

今日もお読みくださりありがとうございました。

鮎川詢裕子

誰でも気軽に参加できる
ドローダウン紹介ワークショップ(オンライン)2.5時間
一般向け開催決定 11/1312/13


メールマガジンでは、ブログに公開しない

事例や先行情報などをお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、ご登録ください。

事業相談、コンサルティング、取材、講演等につきましては
こちらより、お問い合わせください。

 

最高のリーダーほど教えない
部下が自ら成長する「気づき」のマネジメント
かんき出版
ISBN-10: 4761273631
ISBN-13: 978-4761273637
最高のリーダーほど教えない

Amazon購入ページへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鮎川詢裕子メルマガ登録
ページ上部へ戻る
PAGE TOP