鮎川詢裕子メッセージ

役員・事業部長セッション

役員幹部の対話

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ)です。

先週午後はある企業の役員・事業部長セッションでした。

経営者・幹部クラスが組織運営の認識合わせを
普段よりも深いレベルで行うセッションは、
当事者だけでなく、その企業で働く人たちにも
関連してくる試みとなります。

この普段よりも深いレベルとはどういうものを指すのかというと、
言動の奥にあるその人の「想い」「気持ち」「感情」「感覚」といったものを指します。
身体の動きや感覚を使うこともあります。

————————————
こういう取り組みをしているのは、

あの時こんなふうに言ったのは、

こんな〇〇から行っていました。

————————————

と思いや気持ち、意図や目的が語られると、
普段見えてなかった背景が浮かび上がってきます。

相手の行動要因を聞いてみると、自分が思い込んでいた解釈と
異なるものが出てくることが多いのです。

 

すると、

————————————

そうだったんだね。
そういうつもりでやっていたとは気がつかなかった。

————————————

ということが出てくるのです。

こういった話をするためには、
「何でも話しやすい場づくり」と共に

参加メンバーが
「そもそもなんでそういう話をする場が必要なのか」
についてある程度納得できてからスタートするための
セットアップが必要になってきます。

そのためには、当日のみならず、事前の打ち合わせ
・どんな状況でどうなりたいと思っているのか(現状と目的)
・セッションのテーマを何にするとその目的が達せられるのか
・目的達成のために誰が参加する必要があるのか

を決めて

どんな段取りで進めるかプランを立てて当日に臨みます。

 

皆さんから見えるのは
当日のセッションの数時間かもしれません
当日ライブで行われるものとは別に
見えないところで行われている準備があります

 

そして、どれだけ準備を行ったとしても
その日、目の前で展開するものと一緒に創り出していくのです。

テーマは
組織力アップ
組織間連携
制度導入
理念浸透
プロジェクト推進
コミュニケーション向上
上下間の役割と責務
○○のパフォーマンス向上
など様々です。

実施の際のやり方のバリエーションもいろいろあります。

 

 

チームや組織がひとつの有機体として、呼応しあいながら動き始める姿は

いつも感動的で立ち会える歓びを感じずにはいられません。

このようにそれぞれご依頼・ご相談いただく状況や事情に合わせてセッションを行っています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る