鮎川詢裕子メッセージ

枯渇しない事業活動

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ)です。

今年のノーベル平和賞に世界食糧計画(WFP)が
選ばれました。

WFPは1961年設立。紛争地に食料を供給するなど、
世界88カ国9700万人に対して食料援助や
緊急支援を行っている国連の機関です。

日経のこちらの記事によると、


レイスアンデルセン委員長は
「飢餓と闘い、紛争地域での食料の安全保障に貢献し、
 飢餓が戦争の武器として利用されることを防ぐ
 重要な役割を果たした」と授賞理由を述べた。
 と掲載されています。

「飢餓が戦争の武器になる」のを防ぐ
とは、日本ではあまり実感が湧きにくいかもしれませんが、
世界の飢餓をなくすため、紛争地域に命をかけて
食料を届けている存在がいるのです。

恐ろしさを感じることもあるでしょう
大切な家族のことを想うこともあるでしょう
そう思うと、少しずつ共感する部分が増えて
来るのではないかと思います。

まして、コロナ禍の中で使命を果たすのは、
多くの困難があったのではないかと思います。

パンデミックの中、飢えに苦しむ人は増えていて、
感染の危険も増える中でも
WFPは飢餓と闘う努力を強化しています。

支援を受けている人たちは、
どんな人たちなのでしょう。

国連広報センターの「誰も置き去りにしない」を
テーマにした動画を観ると
伝わってくるものがあります。


 
 
今、企業と社会(持続可能な地球)の関係が
見直されています。

事業活動が社会の課題や問題解決につながっているのか、
ビジネス活動の意図が社会との共通価値を生み出しているのか

日々の活動の一つ一つが、こういった世界の動きと
連動しているということを
私たち一人一人が意識できたら
事業活動が枯渇することはないでしょう。

社会や世界にとって必要不可欠な活動だからです。

企業理念がこういった点にどう繋がるのか

それが、働く人の意識と
商品やサービスを購入する人
そして市場や関係者に伝播していく

これからますますそんな時代に
入っていくのでしょう。

今日もお読みくださりありがとうございました。

感謝をこめて

鮎川詢裕子


メールマガジンでは、ブログに公開しない

事例や先行情報などをお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、ご登録ください。

事業相談、コンサルティング、取材、講演等につきましては
こちらより、お問い合わせください。

 

最高のリーダーほど教えない
部下が自ら成長する「気づき」のマネジメント
かんき出版
ISBN-10: 4761273631
ISBN-13: 978-4761273637
最高のリーダーほど教えない

Amazon購入ページへ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鮎川詢裕子メルマガ登録
ページ上部へ戻る
PAGE TOP