鮎川詢裕子メッセージ

思いは招く

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ)です。

4連休、いかがお過ごしでしたか?

久しぶりにテレビをつけていたら
コロナによって
変わった街のドキュメンタリーや
世界の磨けの上の美しい街に暮らす人たちの暮らしの変化を紹介する

番組をやっていました。

この時期、現実を観ることも大事ですが
美しい風景を観ると、心が癒されます。
ドローンを駆使してヨーロッパの絶景に触れることができました。

このところ、ウェブ上で海外を訪ねたり、
美術館の巡ることができるようになっている
という話を聞きます。

バーチャルでも、好きなモノに触れられるのは
ありがたいものです。

見ているうちに、3年前にリーダーシップのトレーニングで
スペインに年に数回通っていた時に
ポルトガルに旅をした時の場所が出てきました。

巨岩の街、モンサントです。
懐かしい。

あの頃共に過ごした仲間たちのことを
思い出し、
みんなの生き方や人生を
思わずにはいられません。

こんな風に、自宅にいながら、
懐かしい場所や大好きなところ、
行ってみたい場所に想いを馳せると
気持ちが変わっていくのを感じます。

あなたは、どんな場所や人に
想いを馳せていますか?

今、とっても会いたい人は誰ですか?

本当は訪ねてみたい場所は
どこでしょうか?

とっても会いたい人や、行きたい場所を
鮮明に具体的に思い浮かべることができると、

まるでその人やその場所が
今ここにあるように感じることが
あります。

私たちは、五感を内側で体験することが
できるからです。

そんな中、

今行っている講座の参加者のひとりが
シェアしてくれた動画があります。

 

こちらを久しぶりにこちらを観ました。

「思うは招く」をテーマにした講演です。

どんなに周りがどうせ無理だ 

ダメだといったとしても

内なる想いを 夢をあきらめる必要はない

毎回見るたびにじ~んとし、

励まされます。

 

今の状況では無理だろう

ビジョンなんて描けない

そう感じる時もあるかもしれませんが

どんな時にも、どんな状況であったとしても

心の中が本当に何を望んでいるのか

描くことができます。

思いこそが現実を招いていく。

外に見えている世界は
私たちがそれぞれ内側で見るイメージから
できています。

想いが現実をつくるとしたら、
どんな夢を、
どんなイメージを
思い描きますか?

今開催中の「源と響き合うリーダーシップ講座」では、
他の誰かが言ったことよりも何よりも
自分の感覚を大事にする
自分の心が求めているものに気づく
自分の心が求めているものをする=強いエネルギーを発する



といったことなどを大切ににしています。

今日もお読みくださりありがとうございました。

鮎川詢裕子

最高のリーダーほど教えない
部下が自ら成長する「気づき」のマネジメント
かんき出版
ISBN-10: 4761273631
ISBN-13: 978-4761273637
最高のリーダーほど教えない

Amazon購入ページへ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP