鮎川詢裕子メッセージ

リーダーシップが問われる実質ゼロ

こんにちは。鮎川詢裕子(あゆかわじゅんこ)です。

人と組織の能力開発と温暖化を逆転(ドローダウン)に向けた事業支援、
コンサルティングを行っています。
コンサルティングといっても、教えない自ら気づくコンサルティングです。

今週、飛び込んできたニュース速報がありました。

温暖化ガス排出、2050年に実質ゼロ 菅首相が表明へ

Yahoo!ニュース
 
温室効果ガス、2050年に実質ゼロ 首相が表明へ調整(朝日新聞デジタル) - Yahoo!...
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b94cf99077b2b91cdf98e8aa852bf2571f9eeca
 政府が、温室効果ガスの排出量を2050年に実質ゼロにする目標を掲げる方針であることがわかった。複数の政府関係者が明らかにした。菅義偉首相が、26日に召集される臨時国会での就任後初の所信表明演説で表

このニュースを受けて、
温暖化逆転や気候変動に関心が高い知り合いの間で
どよめきが起こりました。

ようやく日本が表明したことによる希望と共に
本当に信じていいのかといった気持が
入り混じってたように思います。

それくらいこれを本当に実現していくには、
本気が試されよほどの覚悟が必要だからです。
まさにリーダーシップが問われます。

日本政府はこれまで「50年に80%削減」
「脱炭素社会を今世紀後半の早期に実現」
と表明していましたが、いつまでにゼロに減らすのか、
具体的な年限を示しておらず
曖昧な対応だと指摘を受けてきました。

温暖化への影響が最も大きい二酸化炭素の排出割合を見てみると
こんな感じです。

出典) EDMC/エネルギー・経済統計要覧2020年版

出典) EDMC/エネルギー・経済統計要覧2020年版
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

排出割合が高い国でも、人口数によって、
各国一人当たりの排出量に大きな差が出ています。

この表を見ると、一人当たりの排出量は
アメリカ、韓国、ロシア、日本、ドイツの順に多くなっています。

日本の一人当たりの排出量は
この表によると4位です。

国別では、中国とアメリカで全体の40%を超しています。
そして、インド、ロシアに続いて日本は第5位の排出国です。

このような状況の中で、
すでにEUが表明していた「2050年までに実質ゼロ」
に合わせる形で日本も「2050年までに実質ゼロ」を表明
しました。

地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」において
「産業革命前からの気温上昇を1.5度以内に抑える」
という目標を掲げていました。

これを満たすための水準となります。

>らに、EUは前倒しも検討していて、
石炭火力の全廃を英国とフランス、ドイツは既に決めています。

他国はどうなんでしょうか?

中国は既に「2060年までに実質ゼロ」を表明済みです。
中国においても、対策は進んでいます。
ごみの分別やホテルのアメニティなど、
都市部から徹底した法律の施行が
始まっています。

米国は、トランプ政権が「パリ協定」離脱を
表明していました。
大統領選挙の行方によって、
変化の可能性があり見過ごせません。

現在発展が著しいインドをはじめとする国は、消極的です。
ある程度成熟した国と、そうでない国との間で
摩擦も起きています。

自分たち(自国)のことだけを考えるのか、
全体(地球全体)のことを考えるのか?

どこかで聞いたセリフのようですね。
人間関係や組織運営、事業活動でも同じことが言えます。

それでも、地球はひとつなので、
みんなで取り組んで初めて実現するのが、温暖化対策なのです。

日本は省エネ大国といわれていますが、
化石燃料をの割合がはなかなか減りません。

出典)EDMC /エネルギー・経済統計要覧2020年版

出典)EDMC /エネルギー・経済統計要覧2020年版
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

冒頭の2050年に温室効果ガスの排出を
実質ゼロにするために
政府は再生可能エネルギーを増やしていくとのことです。

そのためには、2018年の数値を見る限り
大きな変革の実行が求められます。

これから、大きなシフトが始まっていきます。
すでに水面下で動いて<まだ形になっていないものが
今後、どんどん出現してき始めています。

既に動き始めている企業と
まだ関心を持てていない企業の間では、
事業構造に大きな違いが生じていくことでしょう。

これを実現できるかできないかは
リーダーシップの発揮が問われます。

かつてないほどのスチャンスでも
あるのです。

このニュースが入った時に
ドローダウンを菅内閣はご存じなのではないか。
と一瞬思ってしまいました💦

なぜなら、

ドローダウンは、2020年から2050年までに
地球温暖化をひっくりかえすことができる
方法を書いている唯一の書だからです。

このドローダウンを知ってい場合と、
知らない場合とでは、発想するヒントの量が
桁外れに違ってくるように思えてならないからです。

実は9月から企業のCSVやCSR,SDGs等を進めている
役職者の方向けにドローダウンをご紹介する対話会を
顔見知りの企業さん向けに始めています。
皆さんの興味は大きなものがあります。

どなたにも参加いただける一般向け
ドローダウンの紹介ワークショップも
今から楽しみです。

今日もお読みくださりありがとうございました。

鮎川詢裕子

誰でも気軽に参加できる
ドローダウン紹介ワークショップ(オンライン)2.5時間
一般向け開催決定 11/1312/13


メールマガジンでは、ブログに公開しない

事例や先行情報などをお伝えしています。
登録も購読も無料ですので
ぜひ、ご登録ください。

事業相談、コンサルティング、取材、講演等につきましては
こちらより、お問い合わせください。

 

最高のリーダーほど教えない
部下が自ら成長する「気づき」のマネジメント
かんき出版
ISBN-10: 4761273631
ISBN-13: 978-4761273637
最高のリーダーほど教えない

Amazon購入ページへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

鮎川詢裕子メルマガ登録
ページ上部へ戻る
PAGE TOP